知るべき住宅の設備や工夫についてわかりやすく解説

工夫することで

手すりの取り付け位置の工夫について

自宅に手すりを取り付けることで転倒を防止したり歩行を楽にするというメリットが生まれます。リフォーム等を扱う工務店に依頼して取り付けてもらうこともできますが、自分たちで必要な場所に設置することも可能です。取り付けの際に、手すりを利用する人が横に立ち、手首の骨の突起した部分に高さを合わせるとベストな位置に設置することができるでしょう。自然な立ち姿勢の位置につかむ場所があることで、無理に屈んだり背伸びをしたりすることがないので、良い支えとなり、歩行が楽になります。縦型の手すりの場合は肩の位置に棒が来るようにし、階段に設置する場合には位置が高すぎると反り返る様に捕まることになってしまうので、少し低めの設置で体が自然と前かがみになる様にするとスムーズです。

手すりの取り付けと最近のトレンド

高齢化社会になりリフォームを行う世帯が増えたことに並行して手すりの設置をついでに行うという方が増えています。階段や浴室、廊下など、ちょっとした支えが欲しい場所に取り付けを依頼する方が多いため、リフォーム業者も専門の知識と技術を持っているので気軽に相談し、取り付けを依頼することができます。手すり自体も多様な種類のものが出ており、家の雰囲気に合わせてモダンなデザインのものやナチュラルに家の雰囲気にマッチするものなどがあります。最近は無機質なイメージのあるプラスチック製ではなく木製の温かみのあるものがトレンドで、取り付け取り外しも簡単なタイプのものが好まれる傾向にあります。手すりはバリアフリーと毎日の快適な暮らしに欠かせないアイテムです。