知るべき住宅の設備や工夫についてわかりやすく解説

水漏れの違い

水漏れ種類

水漏れと一言でいっても配管やトイレお風呂場など水を使っているところはいろいろとあります。配管などの接続部分だとパッキン交換、パイプに穴があいている場合はその穴をふさぐといった、どこが原因なのかが分かれば自分でも何とかできるレベルだと思います。 大量の水漏れのように大至急どうにかしたいときには、その時に困らないように信用できるところを事前に探しておくべきです。値段があまりにも安いところは詐欺の事があるのでよく注意しておくことが必要です。 床下などから水漏れをしているときは、隣人の関係もあるので、早めに対処することが必要です。 水漏れは知らないうちに起っていることがあり、水道のメーターを調べに来ている担当の人が見つけてくれることがあります。

自宅で水漏れをみつけたら

水漏れを起こす場所は屋内と屋外があります。 屋外のものでは、地中の水道管の破損や屋外水道設備の消耗・破損によるものです。屋内では主に水道設備の老朽化や消耗によるものが多いです。 水漏れは、特別なことではなく、程度はいろいろですが身の回りで起こりうることです。ですから、普段から上水道の元栓、止水栓の場所を確認しておくべきです。そしてどうすれば止まるのかも確認しておくといいです。手でひねって閉めるものと、専用の器具を使って閉めるものがあります。 その後の修理ですが、設備内のゴムパッキンの消耗による水漏れくらいであれば、専用の工具や型に合うパッキンを自分で用意できれば十分自分で直せます。地中から水漏れしている、給湯器等から水漏れしている場合は専門家に依頼します。